大学時代に読んだ本の中で自分が影響を受けた本ランキングでかなりの上位の本、

「リーダーシップの旅」の著者の一人、金井壽宏教授が続編と位置づける本書。

「リーダーシップの旅」で説いたリーダー論を、増田弥生さんの社会人生活を振り返るインタビューをケーススタディとして再度まとめているような印象を受けた。

増田弥生氏は元ナイキのアジア太平洋地域の人事部門長。組織開発を専門としてリコーからリーバイス、ナイキへと渡り歩いてきたリーダー開発のプロフェッショナルであり自身がリーダー。

このタイミングでこの本を読めてよかった。会社にいると目の前にある膨大な業務に目を奪われ、受け身になりがちだが、もう一度リーダーとは何かを考え直すきっかけとなった。

<最高の組織とはみんながリーダーシップをもっている組織である。>

役職でつけられた「リーダー」ではなく、個人それぞれが当事者意識を持ち、問題をとらえ、使命感感じ取り、自分を突き動かし、やがて周りを動かしリーダーシップを発揮していく。

どんなに小さく見えることでもいい、

自分にできる範囲でトライしてみて、繰り返すうちにだんだん輪が大きくなっていく、

そのことを増田氏のインタビューから感じ取ることができる。

<「良いリーダーは良いリーダーを作る」>

これも新鮮だった。

良いリーダーは高いコーチング、ファシリテーションなどのコミュニケーションスキルを高め、

同じ環境にいる人たちのリーダーシップを引き出してあげることができる。

上述した通り最高の組織の定義が「全員がリーダーシップをもっていること」だとすれば、

その組織でのリーダーはリーダーを産み続けなければいけない。

<日本人であることの付加価値>

増田氏はグローバル組織の中で日本人特有の思いやりの深さ、謙虚さ、良くも悪くも曖昧さ、抽象性を認める寛容さが付加価値になると指摘している。

こういった特色はグローバル組織の中で緩衝剤というかつなぎ役として融和を生むのだという。

正直私自身、まだグローバルな組織で何かプロジェクトをしたという経験がない。

(プラスのワークキャンプも今の会社も日本人が半分という環境でどちらかというと”international”という感じだろうか)

アメリカ留学中に数十人のアメリカ人のグループの中で自分だけ日本からの留学生という立場で関わった学内のチャリティーコンサートは似たような状況かもしれない。とにかく大勢の会議の中で「雄弁」になれない自分はとにかく突き進む姿勢と1対1の会話でうまくつなぎ役ができたような記憶があるが、それに近い感覚だろうか。

とにかく今の職場で早く”international”ではなく地球が凝縮したような”global”な環境に身を置いて増田氏の指摘する日本人の特性が自分にもあるか体験してみたい。

総評としては上述した通り、このタイミングでこの本を読めてよかった。

もう一度「リーダーシップの旅」「シンクロニシティ」など、当時関連して読んでいた本をもう一度めくってみようと思う。

リーダーは自然体 無理せず、飾らず、ありのまま (光文社新書)

リーダーシップの旅 見えないものを見る (光文社新書)

シンクロニシティ 未来をつくるリーダーシップ